シュピール’12新作情報:アドルングシュピーレ

小箱のカードゲームで斬新な作品を発表し続けているドイツの出版社です。短時間ゲームを多く揃えてます。
2つから1つを作れ(Aus 2 mach 1)
D.ネーゲレ作、2〜6人用、10歳以上、10〜15分。
ボールとペンからボールペンなど、2つのイラストカードを組み合わせて単語を作ります。テーブルに並んだカードから、ひらめきでどんどんカードを取りましょう。複合語の組立てがドイツ語と日本語で異なりますが、カードは言語依存がありませんので、日本人でも遊べそうです。
2つから1つを作れ
闇の予言(Die dunkle Prophezeiung)
M.パーム、L.ツァッハ作、3〜10人用、12歳以上、30〜60分。
2つの組織のうちどちらかに所属しているプレイヤーが、悪魔城に向かう馬車の中で仲間を見つけ、必要なアイテムを揃える『悪魔城への馬車(Die Kutschfahrt zur Teufelsburg)』の拡張セット。想像を超えるイベントの数々や、重要な役割を果たす御者、1人だけで自分の目的を果たそうとする裏切り者が登場します。
闇の予言
ドラゴンの影(Drachenschatten)
J.シュヴィングハンマー作、2〜4人用、8歳以上、15〜20分。
魔法の山である晩、ドラゴンの影が現れました。そこで山の地下牢で宝物の探索が始まります。地下牢にうごめくクリーチャーを倒すには、村で武器やアイテムを入手していかなければなりません。しかし入手に時間がかかると、ほかのプレイヤーに先を越されてしまいます。アイテムの効果を上手に使って、宝をいち早く集めましょう。
ドラゴンの影
一番高い鉄道(Höchste Eisenbahn)
K.アドルング作、2〜6人用、5(3)歳以上、5〜10分。
色、かたち、番号が合うようにカードを取って鉄道をつないでいきます。トランプのスピードのように同時プレイで手札をなくした人が勝ちです。年齢に応じて難易度を変えることもできます。
一番高い鉄道
ライクダイス(Like Dice)
J.ドームベルガー作、2〜6人用、8歳以上、10〜15分。
ダイスを使わないダイスゲームです。カードにはいろいろな色と数字のダイスが2つずつ描かれており、テーブルに何枚か並んでいます。課題カードをめくり、「青いダイスはいくつ?」「赤いダイスのうち一番大きい目はどれで、緑のダイスのうち一番小さい目はどれ?」などの質問にいち早く答えます。
ライクダイス

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です