キングダムビルダー(Kingdom Builder)

このエントリーをはてなブックマークに追加

広げようボクの領土ドミニオン
ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた3タイトルのうち、もっともゲーマーズゲーム寄りの作品である。六角形のマス、毎回変わる特殊能力と勝利条件の組み合わせ、高い拡張可能性などをもちながら、わずか45分でプレイできるのは驚嘆に値する。
デザイナーは『ドミニオン』のヴァッカリーノ。『ドミニオン』では、得点となる「屋敷」「公領」「属州」が、ただ点数の書いてあるカードに過ぎず、それらしきイラストもないため、何を目指してゲームをするのか具体的なイメージが湧かなかった。このゲームも自分の王国を広げるゲームであるが、コマを並べることで広がっていくので実にイメージしやすい。

キングダムビルダー
毎回自分の番には、家コマを3個、カードに指示されたエリア(森・草原・花畑・峡谷)に置く。最初はどこに置いてもいいが、次からは可能な限り、前に置いたコマに隣接して置かなければならない。カードのしばりと、隣接のしばりが、独特なプレイ感を生み出している。カードは毎回1枚だけなので、選択肢がぐっと絞られ、考える時間が短い。これが45分で終わる理由である。
ボード上には「特殊地形」と呼ばれる場所が4ヶ所あり、ここに隣接して家を置くと、追加アクションタイルがもらえる。「追加でコマを1個置ける」「河川エリアに置ける」「1マス離れたところにワープできる」など、どれも強力。しかもこの追加アクションタイルは毎手番使えるので、いかに早く手に入れ、いかにうまく活用できるかが大きなカギとなる。
誰かのコマがなくなったら得点計算。追加で置けるという特殊能力を駆使しないと、まだコマが残っているのに終わってしまう。しかし大事なのは、たくさん置くことよりも、特典になるように置くことだ。
ボード上にあるお城に隣接して家を置いていると得点というのは基本。このほかに、毎回3枚の得点カードが公開されており、その条件で得点する。この条件は全員共通というところがポイント。マイ目標がないので、オープンな戦いになる。
得点の条件は例えば「河岸のコマ×1点」「城・特殊地形のつながり×4点」「横一直線に最も多く置いたコマの数×2点」「最も広い陣地のコマの数×0.5点」「陣地の数×1点」など。これらを同時に満たすのはなかなか難しい。
特殊地形は8つあるうち毎ゲーム4つ、勝利条件は10あるうち毎ゲーム3つしか使わない。これで8400通りの組み合わせがあることになるが、さらに拡張もすでに発売されていてさらに組み合わせを増やせる。どの特殊地形を活用して、どの得点条件を重点的に狙うか、よく考えて手番を行いたい。
4人プレイで45分。一直線に並べると1個追加で置けるという特殊地形と、最後に直線上のコマの数が得点になるという得点条件が出たため、そこが最初の狙い目となった。コマを1マスワープできるという特殊地形と、陣地の数が点数という得点条件も相性がよかったが、得点はあまり高くない。しかしこちらのほうが、陣地を広げるのに重要だった。隣接のしばりがあるため、ワープしてその先に置けるのは非常に強いからである。直線の陣営を途中で切られ、周囲を囲まれてしまったdjさんは打開するカードも引けず中盤から詰み状態。くさのまさんが河川上に置ける特殊地形を駆使して1位。
カードが1択なので、何を引くかで運の要素が大きいが、その先はどこを優先的に置いていくかで、囲碁のようなシビアな陣取りが楽しい。
Kingdom Builder
D.X.ヴァッカリーノ/クイーンゲームズ(2011年)
2〜4人用/8歳以上/45分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です