クモの毒とカエルの鼻水(Spinnengift und Krötenschleim)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピはサイコロ、探索は記憶
『カタンの開拓者たち』の作者であるK.トイバーは、近年カタンシリーズ以外をほとんど発表していない。そんな中でエントデッカーシリーズの『砂漠の王国にて』以来4年ぶりに発表したのがこのキッズゲームである。早速、ドイツ年間キッズゲーム大賞にノミネートされた。
その内容は記憶ゲームである。サイコロで出た魔法の材料が描かれたタイルをめくってチップを集める。コスモスの大箱サイズ。
クモの毒とカエルの粘液
集める魔法の材料はクモの毒、カエルの粘液、臭いキノコ、バイブ草、ネズミのフン、首巻き根っこの6つ。これらのタイル各3枚に、コボルド5枚が入った23枚をボード周辺に並べる。最初に6枚だけめくり、10数える間に覚えておく。
自分の番になったら、ボード上の魔女コマを近くの魔法チップに移動する。魔法チップには穴が1〜4こついており、この数の魔法の材料を集めなければならない。サイコロを振ってタイルをめくる。当たればまたダイスを振ってタイルをめくる。こうして全て正解すれば、魔法チップと魔女の勲章をもらえる。失敗したら次の人へ。
クモはあそこ、カエルはそのとなり、キノコはこっち……各種1つくらいずつは覚えやすい。ところが探す材料はサイコロで決まるので、同じ材料が続けて出ることもある。「えっと、2つ目のネズミは……?」
魔法チップは、付属の魔法の鍋に貯金箱のようにして入れる。魔法の鍋には取り外し式の底がついており、何枚かチップを入れると底が抜けるようになっている。魔法の薬の完成である。底は7つあり、何枚入れると落ちるかはわからないところがポイントだ。
コボルドをめくってしまったらアンラッキー。手番が即終了になるだけでなく、自分以外のすべての人が勲章を獲得してしまう。これだけはめくらないように場所を覚えておきたい。
底がすべて落ちるか、ボード上にチップが2枚だけになったらゲーム終了。勲章と底の合計で多い人が勝ち。
ゲーム仲間に長女を加えて4人プレイ。星の魔法チップは材料を5枚集めなければならないが、全部見つけられると勲章を2枚もらえる。これに果敢に挑戦するか、確実に穴の少ない魔法チップを狙うかで明暗が湧かれた。クモがなかなか見つからなくて、サイコロでクモが出るとおしまいという展開だったため、星の魔法チップはなかなか取れない。着実に楽なチップを集めていた私が1点差で逃げ切り勝利。
記憶ゲームがなので集中力が要求されるが、魔法の鍋にチップを入れたときにガシャンと底が抜けるところで開放感がある。そのうち「えっ、こんなに入れたのにまだ抜けないの?」と思うことも。
Spinnengift und Krötenschleim
K.トイバー作/コスモス(2012年)
2〜4人用/6歳以上/15分
メビウスゲームズ:クモの毒とカエルの鼻水

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です