ゲームマーケット2012春、出展者決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月13日に東京・浅草で開かれるゲームマーケットの出展団体が、7日発表された。出展者総数は過去最高の191団体。昨年春の140、昨年秋の146団体から大幅に増加した。
ゲームマーケット2012春:出展ブース・ホールマップ
今回は初の3フロア開催で、4階が一般ブース、5階が大型ブース、6階がフリースペースとなる。人気同人サークルのみさき工房、操られ人形館、高天原、Hammer Works、OKAZU brand、カナイ製作所、遊星からのフリーキック、カワサキファクトリーなどと、中古ゲーム販売のナイトフライトシュピーレは4階に出展する。
5階はすごろくや、ホビージャパン、ゲームストアバネスト、テンデイズゲームズ、R&Rステーション、ジーピー、ドロッセルマイヤーズ、プレイスペース広島、New Games Orderなどの輸入代理店・ショップが主に出展するが、ワンドロー、オインクゲームズ、TANSANFABRIK、遊宝洞、グループSNE、冒険企画局などのメーカーも入っている。ブリッジ体験コーナーと、NPOゆうもあによるこどもゲームコーナーもある。
6階はフリープレイコーナーで、開場1時間後の11時から16時半まで利用できる。
出展団体の新作情報はホームページで順次公開されている。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です