私の世界の見方:新世界(Neue Welten)

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ見ぬ世界へ

スイスのワード系コミュニケーションゲーム『私の世界の見方』の拡張セット。単独で遊ぶこともできるし、カードのサイズは同じなので基本セットに混ぜて遊ぶこともできる。昨年のエッセンで発売されたものを、年末年始にかけて翻訳し、お正月のゲーム会に間に合わせた。
遊び方は前回と同じで、親がお題カードを読んで、空いている部分に入る回答カードを全員が出す。それに山札から引いたダミーカードと一緒に混ぜて、1枚ずつ発表。親は主観でベストと思うものを1点選ぶ。選ばれたカードを出した人がポイントで次の親に。ダミーカードを選んでしまったら減点。規定ポイントを最初に取った人が勝ち。とっても簡単である。
今回、お題カードも回答カードもさらに癖の強いものが入っていて破壊力抜群。回答カードを3枚要求するお題など、新機軸にも注目される。
写真のお題はミツバチの大量死の原因を問うもの。「催眠術」「こむらがえり」「なめめるような視線」などに打ち勝ったのは「退屈な日常」だった。そりゃみんな死ぬわ。
ほかにも、えさをやってはいけない動物園で動物たちを喜ばせるには―お金、南極の地下14kmで地球を操っているもの―エノキダケなど、今回も見事な回答が相次いだ。
『私の世界の見方』はヘビーローテーションで、ほとんどのお題を遊び終えてしまった今(毎回、回答は違うので楽しいことは変わりないが、「ああそれね」みたいな反応で少々盛り下がる)、こんな拡張が出てくれたことが嬉しい。
Neue Welten
U.ホシュテトラー/ファタ・モルガーナ(2010年)
2〜5人用/8歳以上/30分
国内未発売、テンデイズゲームズで発売予定

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です