ワニに乗る?(Tier auf Tier)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ありえないアニマルサーカス
いろんな動物のコマを崩さないように積み上げるバランスゲーム。2005年のドイツ年間ゲーム大賞でキッズゲームの推薦リストに入った。それから5年、今や安定したロングセラーとなっている。
みんな各種1匹ずつ、7匹の動物をもってスタート。中央には邦題にもなっているワニを置く。自分の番にはダイスを振って、1か2ならその数だけ自分の動物を積み、最初に全部なくしたら勝ち。『スティッキー』に次ぐ分かりやすさで4歳でも十分遊べる。
ダイスにはほかにワニ(ワニの両脇に置いて土台を拡張する)、手(ほかの人に積んでもらう)、?(ほかの人に指定されたものを積む)があり、展開にメリハリがあるのもよい。丸々と大きくて積みにくいヒツジを指定されたらもう!
ポイントはぐにゃぐにゃと長いヘビ。この上には、アクロバティックに積める。まるで動物たちのサーカスを見ているようで楽しい(実際は、ヘビの上には乗れないだろうが)。大人だけならば、このヘビを上手く使うことで相当高く積み上がり、エキサイティングになるだろう。
崩したら引き取らないといけないが、3個以上でも2個引き取るだけでよい。残りは箱にしまい、もう出てこないので、どんなに不器用でもゲームが終わる。
遊んだ後は子供たちが動物を並べて動物園ごっこをしていた。それぐらい想像力をかきたてられる美しい造形とかわいい顔立ちである。
Tier auf Tier
K.ミルテンベルガー/ハバ(2005年)
2〜4人用/4歳以上/15分
ゆかいなさかな:ワニに乗る?
ワニに乗る?

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です