ワイ・ディド・ザ・チキン(Why did the Chicken …)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふざけた回答が選ばれた
ランダムに生成された質問に対し、親に気に入ってもらえるような答えを作るゲーム。「笑点の大喜利のようなゲームだ」という評価を聞いていたが、回答をいくつでも書けるのと、選ばれた人以外はどの回答を書いたか分からないことにより、リラックスして好きな回答を出せるのがいい。
お題は質問カード1枚と名詞カード2枚で作る。「〇〇が△△になったらどうなる?」「〇〇と△△に関する格言は?」といった質問に、ランダムに言葉が入るわけだ。名詞は中学校の英単語レベルの簡単なものでも、組み合わせによってできるお題はもうぶっとんだものばかり。
砂時計を逆さまにして、その間に各自、メモ用紙に回答を書く。制限時間は結構長く、いくつ書いてもよい。じっくり考えて、親が喜びそうな回答を書く。もっとも、親の好みに合わせなくても、皆がウケれば選ばれやすくなるだろう。
時間が来たら、親のとなりの人が読む(筆跡で分からないようにするため)。親はその中から2つを選び、選ばれた人は得点になる。2つとも同じ人の回答なら一挙2点。
「王様と床屋にまつわる格言といえば?」に、「床屋の王様は1000円」は私。でも「王様、ソコ切っていいすか?」は、となりで読んでいた鴉さんが、読む前に大ウケしてしまうほどで、回答者のtomokさんはMVPとなった。でも1位はウィットの利いた答えを連発したぽちょむきんすたーさん。ノリのいいメンバーで、論理派、ぶっ飛び派など得意な方向性で遊ぶとすごく楽しい。
Why did the Chicken …?
H.コーリー/プレイアゲインゲームズ(2004年)
4〜8人用/12歳以上/45分
ゲームストア・バネスト:ワイ・ディド・ザ・チキン

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です