ビーンストーク(Beanstalk)

このエントリーをはてなブックマークに追加

落として揃えて建てて

『ぷよぷよ』のような落ち物パズルをもとにした建設ゲーム。昨年のゲームマーケットに『テラフォーマー』で注目を浴びた寺島由人氏が、秋のテーブルゲームフェスティバルに発表した作品である。カードゲームが多い同人ゲーム界において、デビューした年にボードゲームを2タイトルも発表したことから、急激に注目されている。落ち物パズルを建設ゲームにしてしまう発想がすごい。
舞台は地球上のある島。宇宙からの貿易品が落ちてくる軌道エレベータ、ビーンストークがある。ビーンストークでは、落ちてくる商品タイルが4つつながると、各プレイヤーに分配される。商品はそのまま得点にしてもよいが、さらに建物を作ればその効果でゲームを有利にすすめることができるだろう。
手番にはランダムに商品タイルを2枚取り、縦につなげてビーンストークの上から落とす。同じ商品が4枚つながると分配。建物の効果によって取れる枚数が異なり、なくなり次第終了なので全く取れないことも。ビーンストークに残った商品は下に詰めるので、いわゆる連鎖も起こる。分配が起こっても商品をもらえなさそうなときは、わざとタイルを離して置く。
そのあとで建設。コストとなる商品を支払って、建物タイルを取る。以降、取れる商品が増えたり、エレベータや捨て札から取れるようになったり、タイルを交換できるようになったり、得点パターンが増えたりする。建物の種類は17種類。出てくる順番や組み合わせによって戦略も変わるが、建物自体は全く得点にならない。後半になると、建てるか商品を貯めるかが悩ましい。
補充する商品がなくなるか、建物タイルがなくなるか、商品タイルがエレベータの一番上までいったらゲーム終了。この3つの終了条件は、商品集めまくりか、建物建てまくりか、お互い邪魔しまくりかという全く別の展開を生む。最後は、商品4種類1セットで1点、寺院という建物があれば、黄色の商品3枚で1点で、合計点数の多い人が勝ち。
手に入る商品は建物によって決まり、また建設で使ってしまうので、4種類集めることが難しい。どうしても偏ってしまうものを、建物の効果で多種類にできるかがカギ。鴉さんがどの商品でも取れる研究所でリードし、そのまま黄色のタイルを2枚取れるバイオ農場と、黄色のタイルが得点になる寺院のコンボで1位。私は青の商品を2枚にできるナノマシン工場で商品を増やしたが、偏りを解消できなかった。
商品分配を起こすべきか、建物を建てるべきかなど、考えることが結構あって重めだが、建物が増えてできることが多くなっていくのが楽しい。オリジナリティあふれるシステムが印象的な作品である。『テラフォーマー』と共に、海外進出も狙ってほしい。
Beanstalk
寺島由人/遊星からのフリーキック(2010年)
2〜4人用/8歳以上/30分
遊星からのフリーキック:ビーンストーク

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です