クレイジーダンシング(Crazy Dancing)

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じアホなら

プロットしたポーズでチームで踊り、その出来を競うゲーム。カクテルゲームズ(フランス)は、こんなもはやボードゲームと呼べないくらいのパーティゲームを出し続けている。
はじめ3チームに分かれる。交替で1チームはポーズのプロットと審判役を行い、残り2チームがそのポーズでダンスを競う。
プロットは山札から4枚のカードを引いて、8拍のカード上に自由に配置する。上半身のポーズ、下半身のポーズ、シャウト、ジャンプなどがあり、組み合わせて同じ拍に置いてもよい。中には、審判が自由に決めてよいカードや、踊る前にポーズを全部裏返しにするカードも。
プロットが終わったら、1チーム目からダンススタート。CDで音楽を流して、それに合わせて踊る。終わったら2チーム目、そして審判の判定となる。ポーズが全体で揃っているか、グルーヴ感があるかなど、審判チームで自由に勝者を決めてよい。
審判を交替したら、また新しいポーズでダンス。これを何セットか繰り返して、勝敗数の多いチームが勝つ。
勝ち負けよりも、普段は決してダンスなどしなさそうなゲーマーが見せるモーションが見もの。見かけとは裏腹に妙にノリノリのダンスを披露する人が現れたりして楽しい。踊る方も、はじめは恥ずかしい思いでいっぱいだが、右か左かを気にしながら没頭していると、チームの動きが揃うにつれどんどん気持ちよくなってくるから不思議だ。
AチームとKチームとBチームに分かれて勝負。Bチームのtomokさんが強敵だったが、チームワークでAチームが勝利した。動画はノリノリ過ぎたKチームの演技。
Crazy Dancing
N.ティオー、X.デュティユー/カクテルゲームズ(2009年)
6〜24人用/8歳以上/20分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です