ザ・ヴィレッジ(Le Village)

人狼の夏、日本の夏
『マフィア』というロシアのカードゲームをもとに2001年にアメリカ、イタリア、フランス、ドイツなどで発売された『人狼(米Are you a Werewolf?、伊Lupus in Tabula、英The Werewolves of Miller’s Hollow、仏Les Loups-Garous de Thiercelieux、独Die Werwölfe von Düsterwald)』は多人数パーティゲームの傑作として多くのファンを集めている。その中で最も元気なアスモデ社(フランス)から新しい拡張が発売された。
『人狼』は、プレイヤーの中にこっそり紛れ込み、毎晩1人ずつ村人を殺していく人狼を、会話をもとに推理して倒すゲーム。序盤は情報が少なく、運任せになりがちだが、この拡張が解決してくれる。それが「表の職業」。キャラクター(村人か人狼か)は伏せられているが、職業が予め公開される。
2票の権利をもつ人を選出したり、指名した人物を投票に参加できなくしたり、日中に1人殺せたりするなど、職業にはそれぞれ強烈な能力があり、さらにその人物のキャラクターによって、能力の使い道が絡み合う。序盤の推理の材料は揃いすぎるほどになるだろう。
基本と拡張が両方入ったセットで、通常の人狼としても遊ぶことができるほか、同社が2006年に発売した拡張『新月』のイベントカードを加えて遊ぶこともできる。また白狼、放火魔、うわさ魔という3つのキャラクターも追加されており、遊び方はさまざま。
準備の手間もいらず、会話だけで楽しめ、しかも肝の冷える思いまでできる…この夏、8人以上人が集まる機会があれば、基本セットから試してみて、2回目以降で表の職業を加えてみてはいかが。
Le Village
H.マーリー、P.パリエール作/アスモデ(2009年)
8〜30人用/10歳以上/30分
Asmodee editions:Le Village

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です