チョコラトル(Chocolatl)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捧げ物の打算
ゲーム内容はこちら。6月からホビージャパンで取り扱われているが、今月になってさらにメビウスゲームズからも発売され、バレンタインでもないのにホットなゲームとなっている。ブルクハルトというネームバリューも大きい。
3人でのプレイレポート。私は最初の神殿に最強の12を仕込んでおいた。ゲーム中ずっと使えないが、この分だけ最後に得点になる上に、一番強いとボーナスも入る。そのせいで序盤はどこも取れず苦しい展開。
ビッドの仕方は、順番に2枚ずつビッドとオープンを繰り返すもの、全エリアに一挙ににビッドするもの、各エリアに1枚ずつビッドし、オープンしてもう1枚ずつビッドするものの3種類がある。1番目と3番目は、残りのカードが何かを踏まえてビッドできるので、足元を思いっきり見られてしまう。12のない私が苦しんだのはそのせいである。
苦境から出るべく、数字の大きいカカオカードへの交換を積極的に進めた。単独で強いカードがなくても、底上げされるとどこかは拾える。同様に強いカードを仕込んでいたトンデモブラウさんはビッドを恒久的に上げる作戦。鴉さんはアドバンテージをピラミッド建設に振り向ける。
私は老人をくらいながらも、小屋に集中して黒いダイスを4個集め、終了時まで取っておいた。黒いダイスは、ゲーム中にビッドをあげるか、最後まで取っておけば得点になる。そこまでの得点計算で私はダントツビリ。この黒いダイスが勝敗を分ける。期待値14では最下位を脱出できない。
ジャラララー……結果は20、逆転優勝!
最後はダイスで勝敗が決まったが、それは今回私が博打に走らざるを得なかっただけで、決して運ゲーではない。自分のカードに合わせてどこを重点的にビッドするか戦略を立て、ほかの人の狙いを読みあう駆け引きも熱い。思い通りにエリア1位を取れたときも、意外な1位が転がり込んできたときも、喜びはひとしお。
6つのエリアそれぞれ違うボーナスはどれもほしいものばかりで、毎回どこにビッドするか悩む。12枚のカードを2枚ずつビッドという単純なルールながら、エリア間のバランスがうまく取られているのはさすがベテランのブルクハルトである。時間も45分くらいで、爽快感が得られた。
Chocolatl
G.ブルクハルト/クワインドゲームズ(2010年)
3〜5人用/8歳以上/45分
チョコラトル

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です