キャット&チョコレート(Cat & Chocolate)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコとチョコレートでどうしろと?
お化け屋敷に迷い込んだ人たちが、まったく役に立たなそうなアイテムを頓知で組み合わせ、難局を乗り切るコミュニケーションゲーム。作者の川口亮氏はグループSNEで活躍する秋口ぎぐる氏の本名。『ボードゲーム・ジャンクション』ではリプレイ記事を執筆している。
手札のアイテムはたった3枚。手番にはアクシデントカードを引き、同時に使うアイテム数が1〜3個指定される。手札からアイテムを出して、アクシデントに対処するが、ただ出すだけではいけない。そのアイテムをどうやって使うか、みんなに説明する。
みんなは説明を聞いて、納得したらOK、できなければNGのカードを出す。多数決で納得してもらえれば得点。
ボイラー室で火災にあったふうかさんがジーンズを出す。「これでばたばたはたいて火を消します」「ボイラーはジーンズぐらいじゃ消えないよね」NG。
庭で生垣の迷路に迷い込んだかゆかゆさんは運動靴。「これで一気に駆け抜けます!」「いやいやいや、解決になってないし」NG。
書斎で昔の恋人から電話がかかってきたkarokuさんは毛皮のコートと香水。「これをプレゼントしてなだめます」「電話じゃ意味ないでしょ」NG。
判定はそのアクシデントに役に立ったかどうかが問われるが、失敗を覚悟での苦しい説明ほど聞いていて楽しい。
全員が勝敗にこだわるとひたすらNGを出し続ける恐れがあるので(ペア戦のルールも機能していない)、勝敗にこだわらないでゆるく遊ぶのがよさそう。勝敗にこだわりたいならば、全員がプレゼンしてから順位をつけて集計するなどの遊び方もできるだろう。
キャット&チョコレート
川上亮/クウィンタ・エッセンティア(2010年)
3〜6人/8歳以上/20 分
Qvinta Essentiaものづくり部
キャット&チョコレート

Author: admin

2 thoughts on “キャット&チョコレート(Cat & Chocolate)

  1. 自分は猫と口紅とカメラでほんとに何もできなくて0点・・・。
    チームの足を引っ張ってしまいました・・・。
    他のプレイヤーの拳銃やらチェンソーやらがうらやましかったです。
    勝敗を求めるゲームではないですね。
    パーティ用としてはいいと思います。

  2. 審査員によりけりでしょうけどね。ストレートな解決は面白くないからダメだという人がいれば、拳銃もチェンソーも役に立たないでしょう。
    猫と口紅とカメラがあったら、相当面白いことができそうですよ(笑)。猫に口紅をつけてインスタントカメラで写真を撮って、その写真をばらまく……ってこれもストレートですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です