バイワード(Buy Word)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い単語で大儲け
バイワード
アルファベットタイルを安く仕入れて高く売るワードゲーム。故S.サクソンの遺作を出版していたフェイス2フェイス社が『アイムザボス』に続いて発売した作品で、2005年のゲームズマガジン大賞を受賞している。
基本ルールはきわめてシンプルである。ダイスを振って、その枚数だけタイルを袋から引いて買う。前に買ってあったタイルと組み合わせて長い単語を作り、売る。これを繰り返してお金を増やす。以上。
タイルには使用頻度によってドットがついている。買うときも売るときも、値段は枚数ではなく「ドットの2乗」で計算する。ドットが6つあったら36ドル、10あったら100ドルというように。買うときよりも1つでもドットを増やせれば、利益になる。
買うときには、袋から引いた分を全部買わなければならない。ばら売りはしていない。こんなに買っても使えないなと思ったら、買わなくてもよい。毎ラウンド8枚までしか持ち越せないので、無駄な買い物はできない。
でも買うのをけちって流してばかりいると、いつまでも単語はできない。袋のタイルがなくなったらゲーム終了。それまでに長い単語の作成を目指す。
ワイルドカード(ジョーカー)は全員同じ枚数だけ持っていて、1単語に1枚だけ使うことができる。序盤に使い切ってしまうと、後で苦しくなるだろう。
妻と対戦。1回目は原本割れで負けという残念な結果になったのでリベンジで2回目。11ドット121ドルの単語を作り、原本の200ドルを2倍くらいに伸ばして勝利できた。
このルールは基本ルールで、さらにタイルの競りなどのオプションルールがいろいろついている。ワードゲームなので遊ぶ場面は少ないかもしれないが、日本語でできないものだろうか。
Buy Word
S.サクソン/フェイス2フェイスゲームズ(2004年)
1〜4人用/8歳以上/45分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です