ワード・ウィツ(Word-Whiz)

このエントリーをはてなブックマークに追加

できるだけ長い単語で母音稼ぎ
カードで指示された3つの子音で単語を作るワードゲーム。1996年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。
各プレイヤーは母音(A,I,U,E,O)のコマが乗ったボードをもつ。目標はこれらのコマを一番奥まで進めること。場には3枚の子音カードがあり、山札から1枚めくって1つだけ変える。この3つの子音を含む単語を考えて、思いついたら中央の「マイクロフォン」(赤い棒)をいち早く取る。正しい単語がいえたら、その単語に含まれる母音の分だけ、コマを進める。ルールはこれだけ。
例えば写真ではB,S,Vの子音が出ているが、volleyballsという答えが出た。Oを1マス、Eを1マス、Aを1マス進められる。単数形、複数形、過去形、現在進行形などのかたちは問わないが、辞書に載っていないもの、2単語以上のものはNG。
できるだけ長い単語を出せば、母音も多く含まれるからたくさん進める。でも、最終的な目標は全部の母音をゴールさせることなので、あまり進んでいない母音を意識して使わなければならない。英語だとUが難しい。
妻とサシで1戦。F,Q,Cという子音に対して妻がfrequency(頻度)でスタートしたときは、勝てないかなと思ったが、S,M,Dでseemed(見えた)、T,H,Kでthank(感謝する)などの短い単語を出して勝利。怪しいときは辞書を引いたが、ブラウザーがbrowserという綴りだとは知らなかった。
このゲームは、ワードゲームには珍しく日本語でも遊ぶことができる。VやQやCなどのローマ字表記で使わない子音を予め取り除けばよい。3文字では簡単すぎるなら、4文字にしてもよいだろう。
Word-Whiz
H.ビュッケン/egシュピーレ(1996年)
2〜4人用/10歳以上/30分

Author: admin

ワード・ウィツ(Word-Whiz)」に2件のコメントがあります

  1. このゲームを検索していてここにたどり着きました。
    既に販売されていないものなのか、情報がほとんど見つからないのですが、もし入手できるショップをご存知でしたらご教示ください。

  2. すでに発売15年経っていて絶版のようです。
    入手できるとすれば、ドイツイーベイ(http://spielzeug.shop.ebay.de/Brett-Gesellschaftsspiele-/233/i.html?_nkw=Word-Whiz&_armrs=1&_from=&_ipg=&_pcats=220)か、エッセン国際ゲーム祭の中古ブースが考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です