エッセンの人気は『ドミニオン』

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月23日から4日間にわたって、エッセン国際ゲーム祭が開かれた。ボードゲーム専門誌のフェアプレイが毎年行っている人気調査の最終結果によると、『ドミニオン』が一番人気となった。
この人気調査では、フェアプレイ誌のブースで新作リストが配布され、来場者が遊んだゲームを5段階評価する。これをリアルタイムで集計して適宜ランキングが発表される。中間集計で上位のゲームには、試したい愛好者が殺到するほど。
集計では45票以上獲得したものだけがランクインしているが、票数が満たなかったものの高い評価を得たゲームもたくさんある。アメリカのズィーマンゲームズが発売したカワサキ氏のボードゲーム『カルタゴの貿易商』は2.27と、『パンデミック』より高い評価だった。
【フェアプレイ・スカウトアクション2008】
1位:ドミニオン(Dominion / D.X.ヴァッカリーノ / ハンス・イム・グリュック)1.75
2位:マチュピチュの王子(Die Prinzen von Machu Picchu / W.マックゲルツ / PD出版)2.15
3位:コムニ(Comuni / アッキトッカ / テンキゲームズ)2.17
4位:ダイヤモンドクラブ(Diamand Club / R.ドーン / ラベンスバーガー)2.2
5位:スノーテイルズ(Snow Tails / ラモント兄弟 / フラゴール)2.22
6位:パンデミック(Pandemie / M.リーコック / ペガサス)2.33
7位:アイスフロー(Ice Flow / D.コンラート、J.ストリーツ / LG)2.4
8位:エイジ・オブ・エンパイアIII(Age of Empires III / G.ドローバー / プロルド)2.45
9位:城の守り(Im Schutze der Burg / I.ブラント、M.ブラント / エッガートシュピーレ)2.38
10位:ウルク(Uruk / H.クーン、W.クーン / DDD)2.48
Fairplay:Die beliebtesten Spiele der Spiel ’08 – die Top Ten der Scouts
TGW:SPIEL’07閉幕(昨年の人気結果)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です