日本ボードゲーム大賞2007発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ボードゲーム大賞2007NPO法人ゆうもあは、昨年の暮れから行われた日本ボードゲーム大賞2007の投票結果を発表した。今年の大賞に選ばれたのは『ズーロレット(海外ゲーム・入門者部門)』、『大聖堂(海外ゲーム・フリーク部門)』、『ブルサ(国産ゲーム部門)』、『カエルの飛び込み大会(子どもゲーム部門)』。投票者は379名だった。
今年は海外ゲーム・入門者部門と子どもゲーム部門の2部門で、ゆうもあゲーム会と全国のサークルのアンケート調査に基づき、人気が高かったゲームがノミネートされた。一方、海外ゲーム・フリーク部門と国産ゲーム部門はノミネートを行わず、それぞれ189タイトル、33タイトルの新作リストをつけてそのまま投票にかけられた。また、今年から国産ゲーム部門は日本で最初に発売されたゲームに限定され、『ごきぶりポーカー』などの海外がオリジナルの日本語版は除外されている。
『ズーロレット』はドイツ年間ゲーム大賞受賞作、『大聖堂』はドイツゲーム賞ほか四冠、『カエルの飛び込み大会』はドイツ年間キッズゲーム大賞ノミネート作品と、海外で高い評価を得たゲームが再評価されたかたち。『ブルサ』は株式投資ゲームで、2位の『ごいた』を大きく引き離した。
ゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2007発表!

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です