ドイツ教育ゲーム賞ノミネート

独  ドイツの家族向け雑誌『遊びと学び(spielen und lernen)』を刊行している私塾シュテュディエンクライスは2004年のドイツ教育ゲーム賞(Deutscher
Lernspielpreis)のノミネートを発表しました。予め応募のあった100タイトル以上から、未就学児部門、低学年部門、高学年部門、未発売部門の4部門にわたって5タイトルずつ、合計20タイトルです。

 未就学児部門に卵のダンス(Eiertanz)、低学年部門にメイクンブレイク(Make’n Break)、イヌイット(Iglu Pop)、プルミノ(Plumino)など。結果は10月29日にシュトゥットガルトで行われる南ドイツゲーム祭にて発表される予定です。

 少子化が進む中、ボードゲーム全体でも活況の子どもゲーム。このような子どもゲームへのアワードが増えることで、紹介が遅れている日本でも注目が集まってくることが予想されます。(Deutscher Lernspielpreis

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です