Posted in 国産新作ゲーム

注目の国産ゲーム、相次ぎ発表

 国産の意欲作を手がけてきたグランペールは8月27日から3日間にわたって開催されるJGC2004を皮切りに、カワサキ氏の新作グラグラカンパニーを発売、イエローサブマリンはじめゲーム専門店などで販売を開始します。木製キューブを積み上げる異色の企業経営ゲーム。税込4200円。ホームページではルールが公開…

続きを読む 注目の国産ゲーム、相次ぎ発表
Posted in さ行

禅道(Zendo)

喝! 仏性ありやなしや?  師匠が決めた「仏性」を直感と推理で見つけ出すゲーム。以前『マスターマインド』という配列と色を推理するゲームがありましたが、それよりもより複雑に、そして多人数向けになっています。  師匠(=親)ははじめに公案(=規則)を設定し、それに従ってコマを並べます。写真の例では「緑が…

続きを読む 禅道(Zendo)
Posted in 海外ニュース

独誌、通算成績

独シュピールボックス誌で過去15年のクロスレビューを集計。評価の高かった順にランキングを発表した。1位からプエルトリコ、サンファン、サンクトペテルブルグ、ゴア、アメンラー。平均が同じでも、評価の分かれたゲームより評者全体に評価の高かったゲームを優先している。ランキングの上から順に、まだ遊んでいないゲ…

続きを読む 独誌、通算成績
Posted in ルール

サンクトペテルブルグ・ルールFAQ

ハンス社が公式に回答しているルールFAQは以下の通り。特に4番目は多くの人が1周少なくプレイしていると思われるので注意されたい。 倉庫(Lagerhaus)で手札を4枚持っているときに、倉庫をアップグレードしたら? →その時点では手札を3枚に減らす必要はなし。その後は新しいカードを取って4枚以上にな…

続きを読む サンクトペテルブルグ・ルールFAQ
Posted in ゲーム賞

オーストリアゲーム大賞に「頭脳絶好調」

 オーストリア・ゲームアカデミーは17日、2004年のオーストリアゲーム大賞(Spiel der Spiele、ゲーム・オブ・ゲームズ)を発表しました。4年目の栄冠にはR.クニツィア作の多人数アブストラクトゲーム、頭脳絶好調が輝きました。同時に発表された6部門11タイトルのヒットゲーム(Spiele…

続きを読む オーストリアゲーム大賞に「頭脳絶好調」
Posted in ルール

サンクトペテルブルグ上級バリアント

巷で人気のようなので、バリアントを試してくださる人もいるかと思って訳出。よりタイトなプレイをお好みの方に。「天文台が引けなかったから」という言い訳はもう通用しない!というのが売り文句。 初期資金30ルーブル、全員にチップを2枚(2人プレイ時は3枚)ずつ。 チップは各自見えるところにおいておく。 チッ…

続きを読む サンクトペテルブルグ上級バリアント
Posted in 海外ニュース

アミーゴがデモンストレーター募集

ドイツのゲームメーカー、アミーゴでデモンストレーターの募集。18才以上でメールアドレスと携帯があり、マジック級のゲームも説明できる人。ドイツ・オーストリア圏内。すでにコスモスのカタンバスでも導入されているプロのゲームインストラクター、日本でも!

続きを読む アミーゴがデモンストレーター募集
Posted in 日本語版リリース

バトルライン日本版、電撃発売

 山口のゲームショップ・クロノノーツは14日、クニツィアの2人専用カードゲームバトルラインの「日本版」を出版、翌15日から発しました。版元のGMT(米)と共同出版とし、箱表とルールブックが日本語で書かれています。2205円、送料390円(2個以上500円)。  このゲームは2人専用ゲームの傑作として…

続きを読む バトルライン日本版、電撃発売
Posted in ゲーム賞

IGA2004、ノミネート発表

 国際ゲーマーズ賞(International Gamers Award)選考委員会は11日、今年のノミネート作品を発表しました。この賞は歴史シミュレーション部門と一般ストラテジー部門に分かれており、前者は6月に発表、今回は後者の発表となります。一般ストラテジー部門は多人数部門と2人部門に分かれてお…

続きを読む IGA2004、ノミネート発表
Posted in ゲーム賞

新ゲーム賞「アレックス」

 SAZ(ゲームデザイナー連盟)は来夏、故アレックス・ランドルフ氏にちなんだ新しい賞「アレックス(ALEX)」を発表することを明らかにしました。  この賞はゲームの個別タイトルについて与えられるものではなく、ゲームを扱ったドイツ語のテレビ・ラジオ番組および新聞記事を対象に、ゲーム・ジャーナリストたち…

続きを読む 新ゲーム賞「アレックス」