トト中間集計とノミネート人気投票

このエントリーをはてなブックマークに追加

独  ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート発表から一夜明けた24日、ドイツのゲームサイトでは早速読者参加型のウェブイベントが行われています。

 シュピールボックス・オンラインでは早くから行われていた大賞トトの中間集計を発表。これまでの得票数の4分の3は以下の12タイトルに入ったということです(はノミネート入り)。特にノミネート入りしなかったアッティカサンファンが最多投票でした。



  • 創世記1503(Anno 1503 / K.Teuber /Kosmos)
  • アッティカ(Attika /C-A.Casasola-Merkle / Hans im Gluck)
  • シャングリラの橋(Die Brucken von Shangrila / L.Colovini / Kosmos)
  • ドス・リオス(Dos Rios /F-B.Delonge / Kosmos)
  • 頭脳絶好調(Einfach Genial / R.Knizia / Kosmos)
  • 暗闇のフロア(Finstere Flure / F.Friese / 2F-Spiele)
  • ハンザ(Hansa / M.Schacht / Abacus)
  • オアシス(Oase / A.R.Moon & A.Weisbrum / Schmidt Spiele)
  • サンファン(San Juan / A.Seyfarth / alea)
  • サンクト・ペテルスブルク(Sankt Petersburg / M.Tummelhofer / Hans im Gluck)
  • トンギアキ(Tongiaki / T.Rauscher / Schmidt Spiele)
  • 乗車券(Ticket to Ride / A.R.Moon / Days of Wonder)

ノミネート作品の中では、オランダ製のマハラジャと、対象年齢が低い墓場の吸血鬼がノーマークだったようです。このトトは人気投票ではなく、あくまで「どれが大賞に選ばれそうか」という質問のもとに集められた票ですが、それでも今年評価されているゲームのトレンドを見てとることができます。この中の多くはドイツゲーム賞に入賞すると見られます。トト募集は引き続き続行。

 一方、H@LL9000ではノミネート作品10タイトル(子ども大賞含む)について6段階によるユーザー評価と、「どれが一番好きか」「どれが大賞になると思うか」「何がノミネートに入るべきだったか」のアンケートを受け付け始めました。結果は逐次発表され、どのゲームに人気が集まっているかを知ることができます。

 大賞の予想は分散していますが、こちらでもアッティカサンファンがノミネート入りしなかったことを惜しむ声が多く聞かれます。

 ノミネートが5タイトルに絞られたことで、愛好者の間ではお気に入りのゲームがノミネート入りしなかったショックが大きいようです。日本でもplay:gameでノミネートリストに対する疑問が扱われています。(Spielbox, H@LL9000

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です