米国のボードゲーム市場急成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Games Journalにアメリカにおけるボードゲームの歴史の記事。1995年のカタンのショックで市場が急速に膨らみ、ドイツ系のゲームが「ユーロゲーム」「デザイナーズゲーム」というジャンルを開いたことが触れられている。2003年4月のニューヨーク・タイムズによるとアメリカの非電源ホビーゲーム総売上は1994年の7億2千万ドルから2003年には3倍の26億ドル(3120億円)になったという。しかもモノポリー、スクラブルなどのロングセラーを含まないというから驚きだ(バネスト中野さんの情報によると、TCGのブレイクが大きいとのこと)。これはドイツ市場の約8倍に相当するもので、近年ドイツゲームのアメリカ版製作が増えている事情が理解できる。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です