2003年の新作、全体に減少

●  ドイツ各社発表プログラムによると、2003年に発表されるゲームでファミリーゲームと大人用ゲームの数が明らかに減っていることが判明しました。子どもゲームの数は増加しましたが、内容的には幼児用の学習ゲームが目立っています。一方絶版になったゲームのタイトル数は過去5年で2番目に多い288にのぼり、ドイツゲーム界に暗い影を落としています。原因の第一は不況ですが、それと共に新機軸を打ち出せないデザイナ・メーカーの行き詰まりもあるものと見られます。(Spielwiese

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です