フェドゥッティ、マイゲーム・オブ・ザ・イヤー発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェドゥッティベスト操り人形マンモスの谷の作者フェドゥッティが今年も、個人的にお気に入りの1作を発表しました。昨年はサンマルコドンのダブル受賞でしたが、今年は「よいゲームが少なくてちょっとがっかりした」エッセン、「オリジナリティーに富んだ作品が全くなかった」ニュルンベルクの中から選ぶのは難しく、結局未出版を含む8作品を挙げました。「私の仲間で最も多くプレイした」のはプエルトリコトランスアメリカでしたが、今回の年間大賞ノミネートに挙がらなかったことへの救済措置と、重くなくて童心に帰って遊べるという理由から「80年代に出版されていたタイプのファミリーゲーム」である海賊の入り江に決めたそうです.

マイゲーム・オブ・ザ・イヤー:海賊の入り江(Piratenbucht/P.Randles,D.Stahl/Amigo)

候補作品:ジャンク羊の争いマジェランプエルトリコサンタフェレイルズトランスアメリカヴォルテクス

マイゲーム・オブ・ザ・イヤー

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です