Posted in

トランスジャパン(TransJapan)

いい日旅立ち 配られたカードで指示された都市を線路でつなぐスピーディーな鉄道ゲーム。オリジナルは2002年にウィニングムーブズ社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞2位という高い評価を得ていた。今年、グループSNEで日本マップを追加して両面刷りのボードで日本語版にし…

Posted in 日本語版リリース

スピーディな鉄道路線ゲーム『トランスアメリカ&ジャパン』日本語版、8月23日発売

グループSNE/cosaicは8月23日、『トランスアメリカ&ジャパン(Trans America & Japan)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.B.デロンシュ、新マップ作成・安田均、アートワーク・TANSAN、2~6人用、8歳以上、30分、4000円(税別)。 故デロンシュ(…

Posted in 国産新作ゲーム

『ビッグシティ:20周年記年版』来夏発売、受注〆切11月8日

ホビージャパンは2019年6月下旬、『ビッグシティ:20周年記念版 (Big City: 20th Anniversary Jumbo Edition)』を発売する。ゲームデザイン・F.B.デロンシュ、イラスト・2~5人用、60分、20,000円(税別)。受注生産で、遅延の可能性がある。受注締切は1…

Posted in 国内ニュース

『マニラ』第2版、国内入荷

メビウスゲームズは16日、故F.デロンシュの競艇ゲーム『マニラ(Manila)』第2版を発売した。3~5人用、10歳以上、60分、6000円。 2005年にツォッホ社(ドイツ)から発売された作品。作者のデロンシュはこのゲームを発表した2年後に亡くなっている。受賞歴こそあまりないものの、日本の愛好者か…

Posted in 海外ニュース

デロンシュ氏逝去

『トランスアメリカ』や『マニラ』などで知られるドイツのボードゲームデザイナー、F-B.デロンシュ氏が9月2日、癌のため亡くなった。享年50才。 ミュンヘンの裁判官であるデロンシュ氏は、99年に『ビッグシティ』でデビュー、2002年の『トランスアメリカ』はドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞…

Posted in 翻訳記事

対談:デロンシュVSフリーゼ

「暗黒の大広間」「むかつく友達?」など日本にも多くのファンがいる異色のゲームデザイナー、フリーデマン・フリーゼ(2Fシュピーレ)。「マニラ」「トランスアメリカ」などで21世紀になってから注目を集めつつあるフランツ=ベンノ・デロンシュ(裁判官)。この2人の対談をゲームサイトReich der Spie…