ヒントは一文字ずつ『ファントム・インク』日本語版、5月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Phantominkjアークライトゲームズは5月30日、『ファントム・インク(Phantom Ink)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.フラナガン&M.サイドマン、イラスト:S.ユー、3~8人、8歳以上、10~15分、3630円(税込)。

リソニム(アメリカ)がキックスターターを経て2022年に発売された作品。ドイツ語版はペガズスシュピーレが『ゴーストライター』というタイトルで発売している。2組のチーム戦で、「精霊」のヒントもとに相手チームよりも先にヒミツの言葉を当てる。

太陽と月のチームに分かれ、それぞれ精霊役1名を選び、他は霊媒師役となる。精霊が答えカードの中から両チーム共通の「ヒミツの言葉」を設定してスタート。1チーム目の霊媒師が質問カード2枚を精霊に渡し、精霊はどちらかの答えをひらがなでゆっくり1文字ずつ記入。相手チームは質問を知らないが答えを見ているので、だいたいわかった時点で「ストップ!」といって記入を止めてもらう。

この後相手チームは当てるチャンスがあり、チーム交代して8ラウンド以内に先に当てたチームの勝利となる。

日本語版ではカード枚数そのままで箱サイズを約3分の1に縮小。3人用ルールを追加した。勝利するためには知識だけでなく、高い洞察力・推理力が要求される。

内容物:回答シート 1冊、質問カード 102枚、答えカード 52枚、エンピツ 2本、ルールシート 1枚(カードサイズ:56×87mm)Phantominkj2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.