プランタ・ヌボ(Planta Nubo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイル上にタイルを重ねる

Plantanubo

ソーラーパンク世界で大木の上にある庭園で花や植物を育て、飛行船で運び、酸素を生産するゲーマーズゲーム。デザイナーはローゼンベルクと『ラ・グランハ』のコンビ、出版社は『アップルジャック』のザ・ゲームビルダーズ(ドイツ)。シュピール’23で発表され、スカウトアクションでは「規定票未満で評価の高かった作品」に挙げられている。シュピール会場で購入。

ゲームのメインはポリオミノパズルだが、さまざまな形の花床タイルを配置して、その上にある花キューブを配達し、キューブがなくなったところに森タイルをかぶせるという複層的な構造になっている。さらにその周囲にモジュールカードを配置して起動させることにより、アクションのコンボを生み出している。

中央には3×3枚のアクションタイルと、その周囲に花床タイル12枚が並んでおり、2枚のタイルの間に工具タイルを置いて、そのどちらかを実行する。最初は24の選択肢があるが、同じタイルには同じ工具を隣接しておけないというしばりのために、選べる場所がどんどん減っていく。ワーカーではないが、メカニクスとしてはワーカープレイスメントといえるだろう。

これによってできることは花床タイルの配置、その上に出てくる花キューブの配達、花床タイルを置くための障害物の除去、プレイヤーボード周囲のモジュールカードの起動などの基本アクションである。花床タイルはポリオミノになっていて、後から森タイルをかぶせるには隙間なく敷き詰めなければならない。配達できる花キューブの色を見つつ、どの花床がよいか考える。隙間は1マスの土タイルで埋めることもできる。

花を配達するとグリーンエネルギーが発生し、その数だけエネルギーダイスがプレイヤーボードを周回する。これによってモジュールカードがスタンバイになり、さまざまな追加アクションが可能になるほか、半周するたびに新しいモジュールカードや酸素ファームカード(終了時得点)を追加できる。エネルギーダイスをいかに早く回し、効率の良いカードコンボを作れるかが勝敗につながる。ゲーム中や終了時に獲得した酸素ポイントの合計で勝負。

ほかにも余った工具で起動する職人、プレイヤーごとに異なる条件達成により上がる定期収入、ダブルアクションなどを可能にするボットポイント、花から土タイルを作るコンポストなど、要素てんこ盛りで非常に遊びごたえがあり、自然保護という流行のテーマと相まってリプレイ欲求が高い。プレイ時間は初回3時間くらいかかるが、1つのアクションによって別のアクションが起動する連鎖が気持ちよく、カードテキストがないのも好みで、また遊びたくなっている。

Planta Nubo
ゲームデザイン:M.ケラー&U.ローゼンベルク&A.オデンダール/イラスト:L.ジーグモン
ザ・ゲームビルダーズ(2023年)
1~4人用/12歳以上/プレイヤー人数×30分
(国内未発売・日本語版情報未確認)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。