ダイスも手札のトリックテイキング『ノコスダイス』新版、11月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Engamesは11月30日、『ノコスダイス』2023年版を発売する。ゲームデザイン・松本裕介、イラスト・別府さい、3~5人用、10歳以上、45~60分、2750円(税込)。

配られたカードだけでなく、ドラフトしたダイスも手札として使えるトリックテイキングゲームで、ゲームマーケット2016神戸でQuoth Gamesが発表したものを、Engamesが2019年に一般発売。アメリカのボードゲームイベントで紹介されたことがきっかけとなって国内だけでなく海外からも大きな注目を浴び、今年のエッセン・シュピールではEngames自らが再版したものを出展して完売。待ち時間45分という長い行列ができた。

手札のほかに、袋から引いて振ったダイスをもち、さらに場で振られたダイスを1個ずつドラフトする。ダイスにも色があり、公開の手札として使える。これらを使ってマストフォローのトリックテイキングを行う。最終的な獲得トリック数と、最後に残ったダイスの出目が一致することを目指す(ただし0トリック宣言は最初に行う)。

お互いのダイスが見える状態で、手札から出すかダイスから出すか、そして手札としても使えるダイスのうちどれを残せばいいかスリリングな選択が待っている。

新版はカードがポーカーサイズになり、5人までプレイ可能になったほか、ダイススタンド、プレイヤーボード、得点計算用シート、0トリック宣言ダイスを追加して遊びやすくなった。0トリック宣言ダイスによって、最後まで全員がダイスを残しておけるようになったのはまさに「ノコスダイス」だ。

内容物: 数字カード 40枚、早見表 5枚、ダイス 27個、ダイススタンド 1個、プレイヤーボード 5枚、ダイスバッグ 1袋、得点計算シート 1冊、説明書(日本語、英語)2枚

Nokosudice2023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。