売れるスマホ作り『モバイルマーケット』日本語版、5月下旬販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

数寄ゲームズは5月下旬、『モバイルマーケット(Mobile Markets: A Smartphone Inc. Game)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:I.ラシン、イラスト:V.M.ガウザ、1~4人用、14歳以上、40~80分、5500円(税込)。ゲームマーケット2023春にて先行販売される。

スマートフォン開発会社のCEOとなってスマホ市場の覇権を争う戦略ゲーム。『スマートフォン株式会社』の続編としてはコスモドロームゲームズ(ロシア)から2021年に発売された。スマートフォン開発会社のCEOとなってスマホ市場の覇権を争う。

2枚のパッドを重ね合わせて価格、技術ポイント、販促ポイント、生産数を決め、それで決められた手番順に工場をアップグレードする技術カードや、スマホにさまざまな機能を搭載する機能カードを購入する。その逆順に販促カードを購入し、スマホを生産した後、顧客に販売する。

顧客にはガジェット好き、一般、コアユーザーがおり、5Gや8Kなどの機能と価格をニーズに合わせなければならない。販売価格から製造価格を引いた粗利×生産数が利益となり、5ラウンドで勝敗を決める。

30枚の技術カード、30枚の販売施策カードの選択による戦略の多様性が楽しめる。仮想プレイヤーのスティーブJr.と対戦する1人プレイルールあり。

数寄ゲームズ:モバイルマーケット


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です