メイフォローの攻撃的トリテ『シュティッヒルン』日本語版、2月上旬発売

数寄ゲームズは2月上旬、『シュティッヒルン(Sticheln)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:K.パレーシュ、イラスト:O.フロンデンライヒ、3~6人用、10歳以上、30分、1980円(税込)。1月23日より先行販売される。

オリジナルは1993年にアミーゴ社から発売されたトリックテイキングゲーム。国内では輸入版が流通し、ロングセラーとなってきた。今回の日本語版デザインは2012年のNSV版に基づく。

手札から1枚ずつ出して一番強いカードを出した人が総取りし、1枚1点。ただし最初に選んだ1枚の色については数字の分だけ失点になるというルールだが、何色を出してもよい(メイフォロー)と、最初に出した色でないほうが強いというひねりが最大の特徴。これによって壮絶な失点の押し付け合いが始まる。

失点を回避しつつ、得点を取れそうなところで思い切って取りに行く度胸も必要。失点を避けてカードを出すコツもあり、習得するほどによりシビアな戦いが楽しめる。また、現版にはない作者オリジナルのバリアントルールも付属する。

数寄ゲームズのトリックテイキングゲームシリーズは『知略悪略』『トランプ、トリックス、ゲーム!』『地下迷宮と5つの部族』『ブードゥープリンス』『乗り間違い』『パーラ』に続いて7タイトル目。ラインナップにまた名作が加わった。

数寄ゲームズ:シュティッヒルン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です