バーストとオークションのカードゲーム『TEN』日本語版、10月14日発売

コロコロ堂は10月14日、『TEN(テン)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.ジョンソン&S.スタンケウィッチ&R.メルヴィン、イラスト:S.スタンケウィッチ、1~5人用、10歳以上、15~30分、2750円(税込)。

オリジナルはAEG(アメリカ)から2021年に発売され、ゴールデンギーク賞のライトゲーム部門にノミネートされた作品。運試しとオークションによるセットコレクションゲームだ。

手番にはカードを1枚ずつめくって、1~9の数字の合計から、1~5のコインの合計を差し引いたものが10以下か、コインの合計が10以下のうちにやめれば、めくった数字カードかコインを獲得できる。11以上になったらバーストで、バーストトークンと3金だけもらって手番終了となる。バーストしていなければさらにコインや不要なカードを支払って場札のカードを1枚購入できる。

カードをめくった時、黒のワイルドカード(数字か色が何にでもなる)が出たら中断してオークションとなる。時計回りにコインや不要なカードで入札し、最高額のプレイヤーがそのワイルドカードを獲得する。山札がなくなったラウンドでゲーム終了となり、色ごとに最も多く連番になったカードの枚数(1~9コンプリートで10点)で勝敗を決める。

カードめくりの緊張感に、時々挿入されるオークションが趣向を変え、カードを取るかコインを取るかで頭を悩ませる作品だ。

コロコロ堂:TEN日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です