発展型ビンゴゲーム『スーパーメガラッキーボックス』日本語版、11月17日発売

ピチカートデザインは11月17日、JELLY JELLY GAMESのレーベルで『スーパーメガラッキーボックス(Super Mega Lucky Box)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:P.ウォーカー=ハーディング、イラスト:S.ザイドリッツ、1~6人用、8歳以上、20分、3300円(税込)。ゲームマーケット2022秋にて先行販売される。

ウォーカー=ハーディング(『クマ牧場』『スシゴー』)がデザインし、ゲームライト社(アメリカ)から2021年に発売された作品。ダサさにこだわったタイトルとパッケージ、さらにビンゴゲームのバリアントというイメージを覆す、「スペシャルに楽しいゲーム」だ。

各自に書いて消せるビンゴカードが配られ、フリップ&ライト式で出た数字をひとつ消していく。縦か横に3つ数字が揃ったらボーナスが発生し、他のマスを消したり、トークンを獲得したりする。一定枚数がめくられるとラウンド終了で得点計算。4ラウンドで合計点を競う。

ビンゴカードは1人3枚持ちで毎ラウンド1枚ずつ追加されるため、集中するか分散するかの選択があり、またボーナスとして出た数字を上下できる稲妻トークン、ゲーム終了時に他の人より多いと得点(少ないと失点)になる月トークン、1ラウンド中にいくつ達成できたかでボーナスが入る星マークがあり、連鎖を生み出す。

最後の1マスを祈るビンゴゲームの高揚感はそのままに、トークンによって戦術性が付加され、繰り返し遊びたくなる作品だ。

内容物:ラッキーボックスカード 60枚、数字カード 18枚(1〜9が2枚ずつ)、スコアカード 6枚、カミナリトークン 30個、ムーントークン 24個、マーカーペン 6本

JELLY JELLY GAMES:スーパーメガラッキーボックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です