手札の芸人をどんどんデビューさせよう!『ピンコンビトリオ』10月28日発売

小学館は10月28日、『ピンコンビトリオ』を発売した。ゲームデザイン:新澤大樹、イラスト:ココナス☆ルンバ、アートワーク:TANSAN、ディレクション:渡辺範明、2~5人用、7歳以上、20分、2420円(税込)。

『4コマンガ』『注文の多すぎるゲーム バーガー』『小学館の図鑑NEO 昆虫の多すぎるゲーム』『犯人の犯沢さんの4コマンガ』に続く「小学館グッドゲームズ」シリーズ第5弾。カードゲームデザインで定評のあるサークル倦怠期の新澤氏がデザインした。手札の芸人カードを組み合わせてどんどんデビューさせるゴーアウト系ゲーム。

1~80のカードから13枚を手札にしてスタート。1枚(ピン)、連続する2枚(コンビ)、差分が同じ3枚(トリオ)をプレイし、前のプレイヤーより強い(数字や差分が大きい)カードならば出すことができる。出せない/出したくない時はパスをして山札から1枚引く。1人以外全員がパスしたらそのプレイヤーからまた好きなカードを出す。手札がなくなった人から抜けていき、順位をつける。

「老若男女、家族とでも、友だちとでも、誰とでもすぐに盛り上がれるカンタンかつ楽しい」がこのシリーズのテーマ。ルール説明が簡単で、芸人のイラストもユニークなので、いろいろな場面でプレイできそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です