どこに書き足したか当ててもらう『まちがいさがし開発課』10月29日発売

オインクゲームズは10月29日、ゲームマーケット2022秋にて『まちがいさがし開発課』を発売する。ゲームデザイン:ボドゲイム、イラストレーション:大野森太郎、アートワーク:佐々木隼、2~5人用、7歳以上、20分、3300円(税込)。ゲームマーケット会場では特別価格3000円で販売される。

まったく同じイラストに線を書き足して5つの「まちがい」を作り、他の人に見つけてもらう「まちがいさがしづくり」ゲーム。オリジナルはボドゲイムがゲームマーケット2022春に発表した。

砂時計を使用し、最初の1分間で見つかってしまう簡単すぎる間違いでも、2分間で見つけられない難しすぎる間違いでもいけない。1分数十秒台で見つかるくらいのほどよい間違いが得点になる。ただし、あえて大きな間違いを作り、最後まで見つからなければボーナスポイントをもらうこともできる。

誰でも一度はやったことのあるあの「まちがいさがし」をみんなで作り合い、探し合うという、斬新な体験を味わうことができるゲーム。10種類のイラストシートを同梱し、別売りの『まちがいさがし開発課:拡張追加シート』(1650円税込)では新たな6種類のイラストシートが入っている。

内容物: イラストシート 100枚(10種各10枚)、ペン 5本、得点チップ 31枚、透明ボード、ダイタンチェッカー、砂時計、遊び方説明書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です