数字の小さい順=図形の小さい順『バブルス』日本語版、9月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーピーは9月30日、『バブルス(Bubbles)』を発売する。ゲームデザイン:W.ディシャール、2~4人用、6歳以上、15分、2200円(税込)。

オリジナルはピアトニク(オーストリア)から2015年に発売された作品。4色のダイスを振って、数字の小さい順になっているカードを取る。

カードには4色のバブルくんがさまざまな大きさで描かれており、全ての組み合わせで24通りのカードがテーブルに並べられる。4色のダイスを一度に振って、バブルくんの大きさが数字の小さい順になっているカードをいち早く取る。

例えば写真では黄色(6)、青(13)、緑(15)、赤(24)なので、黄色が一番小さく、次に青、次に緑、赤が一番大きいカードを探して取るという具合。すでに他のプレイヤーが持っているカードでも、見つけて取れば奪うことができる。最初に4枚のカードを集めたプレイヤーが勝者。

数字の順番を図形の大きさに変換するところで頭を使う。キッズからお年寄りまで楽しめるパターン認識ゲームだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。