カード交換で真相へ『厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件』日本語版、9月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは9月下旬、『厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件(Awkward Guests)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:R.G.ガルシア、イラスト:S.G.ガルシア&L.M.ソレラ、1~8人用、12歳以上、45~75分、5940円(税込)。公式サイトでは9月13日より先行販売開始。

オリジナルはメガコーピンゲームズ(スペイン)から2017年に発売された作品。英語版はキックスターターを通して2019年に発売されている。カードの組み合わせによって遊ぶたびに真相が変わるミステリーと捜査のカードゲーム。

プレイヤーはウォルトン氏に招かれた探偵として、ウォルトン氏の殺人事件の真相を探る。毎ゲーム、200枚以上あるカードから指定された番号のカードを70枚抜き出して「事件」のデッキを構築し、各プレイヤーに6枚ずつ配る。手番にはゲストか部屋を選び、他のプレイヤーの提示したカードの重要度に応じて手札を交換する。

得られた情報は自分の捜査シートに記入していき、「犯人」「凶器」「動機」「共犯者の有無」「共犯者の動機」が明らかになったと思ったら事件解決に挑戦。アプリに解答を入力して正解すれば勝利となる。不正解でも正解は教えられないのでゲームに復帰できる。手札を3枚捨て、6枚になるまで補充して次のプレイヤーの手番となる。

ルールブックでは難易度に応じて30通りの組み合わせが掲載されているが、理論上は3600通りにもなり、さらにそれぞれの真相は数千通りのカードの組み合わせから推理できる。誰よりも早く事件の謎を解くには、真の推理能力が試される。また、ソロモードではミステリー小説を読むように、1人でじっくり事件解決に取り組むこともできる。

数寄ゲームズ:厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件


(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。