タイル配置で海洋探検『ロスト・シーズ』日本語版、9月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは9月17日、『ロスト・シーズ(Lost Seas)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:J.ベンヴェヌート&A.ドロワ、イラスト:M.ジュマール、2~4人用、7歳以上、20~30分、3850円(税込)。

オリジナルはブルーオレンジゲームズ(フランス)から今年発売された。神秘的で危険な未知の海域を探索するタイル配置ゲーム。

各プレイヤーに8枚の得点条件が示された探検タイルが配られ、表か裏を選び、縦横に4枚ずつ並べてスタート。この得点条件に沿って4×4で16枚のタイルを並べていく。手番には場から時計回りに海タイルを1枚ずつ選び、自分の場に配置する。1周したらタイルを補充し、最後にタイルを取ったプレイヤーからまたタイルを選んでいく。これを繰り返して16枚のタイルを並べたらゲーム終了と得点計算となる。

探検タイルにはいろいろな要素が「ある/ない」、「○つある」、「2つの要素でペア」などの条件があり、海タイルも要素が1つだけのもの、複数描かれているもの、また描かれている個数もいくつもパターンがある。これらを縦も横も得点になるように配置するのは至難の業。探検タイルにはローリスク・ローリターンの面とハイリスク・ハイリターンの面があり、最初の選択でどのように配分するかもカギとなる。16枚のタイルを選んで並べるだけのシンプルなゲームながら、パズル要素とビンゴのような運試しが楽しめる作品だ。

テンデイズゲームズ:ロスト・シーズ日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。