協力ゲーム拡張『ワイナリーの四季:ザ・ワールド』日本語版、9月8日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは9月8日、『ワイナリーの四季:ザ・ワールド(Viticulture World: Cooperative Expansion)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.シャー&F.テスティーニ、イラスト:A.ボスレー、1~6人用、14歳以上、75~95分、6380円(税込)。プレイするためには『ワイナリーの四季』基本セットが必要。

対戦ゲームだった『ワイナリーの四季』を協力ゲームにする最新の拡張セット。世界的に著名なワイン生産者としての地位を確立すべく、仲間と協力して7つの大陸でワイナリー経営を成功させることを目指す。

ゲームのおおまかな進め方は基本セットと同じだが、舞台となる7つの大陸にそれぞれ専用ルールとイベントが設けられている。メリットやデメリットをもたらすイベントを仲間と乗り越えて、6ラウンド(6年)の間に、全員25勝利点以上、かつ知名度トラックが最後まで到達すれば勝利となる。

他の拡張『トスカーナ』や『ブドウ畑の訪問者』、『ラインガウ』のカードを混ぜて遊ぶことも可能。またソロプレイも完備しており、オートマがプレイヤーを手助けしてくれる。

内容物:ゲーム盤:1枚、差し替え用の小さいカード:20枚、長方形の刷新タイル:16枚、楕円形の刷新タイル:12枚、大判の遺産カード:20枚、大陸デッキ:7種(カード108枚)、知名度マーカー:1個、イベントマーカー:1個、帽子:24個、ルール説明書:1冊
(ソロプレイ用の内容物)ブラッティーノカード:16枚、早見表カード:2枚、ブラッティーノ用知識共有カード(オセアニア):2枚、名声表用差し替えカード(北アメリカ):1枚、アクションH用上書きタイル:1枚、差し替え用刷新タイル(HとN):2枚、親方トレード上書き用タイル:1枚、ソロプレイ用説明書:1冊
(カードサイズ:差し替えカード44×67mm、その他カード88×63mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。