ダイスで暗証番号を出せ『コード破り』日本語版、8月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは8月上旬、ダイスゲーム『コード破り(Code Knacker)』日本語版を発売した。ゲームデザイン:R.クニツィア、アートワーク:SEIMI、1~4人用、8歳以上、30分、2420円(税込)。

オリジナルは2007年、ラベンスバーガー社(ドイツ)から発売された作品。数寄ゲームズでは「名作小箱ゲームシリーズ第1弾」と位置づける。暗証番号をダイスで出してお宝を獲得するダイスゲーム。

手番には5個のダイスを振って、1個以上キープして振り直す。お宝タイルの数字が出たら赤チップを置き、5つ全てに赤チップを置いた状態で振り直しをやめたらそのお宝タイルを獲得できる。置ききれなかったお宝タイルは持ち越しとなり、次のプレイヤーにチャンスが回る。お宝タイルの数字が1つも出ないとバーストになってしまうため、中途半端なところでやめたくない、でも欲張るとバーストしてしまうというジレンマが楽しめる。

ダイスは1~5とマイクロチップの出目があり、マイクロチップは2個貯めるともう1手番できるところも、バーストしやすい誘惑となっている。お宝タイルが補充できなくなったとき、獲得したお宝タイルの得点の合計で勝敗を決める。

ドイツ語版からの変更点として、プレイ人数を6人までから4人までになり、ソロゲームに段階的な目標設定を加えている。

数寄ゲームズ:コード破り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。