探り合いのトリックテイキング『乗り間違い』日本語版、8月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数寄ゲームズは8月上旬、『乗り間違い(Auf falscher Fährte)』日本語版を発売した。ゲームデザイン:J.クラウル、イラスト:ママダユースケ、グラフィックデザイン:別府さい、3~4人用、10歳以上、30分、1980円(税込)。

オリジナルは2001年、ベルリナー・シュピールカルテン(ドイツ)から発売された。他言語へのローカライズは今回が初めて。数寄ゲームズでは『ボトルインプ』『トランプ、トリックス、ゲーム!』『地下迷宮と5つの部族』『ブードゥープリンス』に続いて名作トリックテイキングシリーズ第5弾となる。

市バスを乗り継いで逃亡する怪盗が市外に逃げたか市内に潜伏しているかを判断して、探偵や警察が追跡するというテーマのトリックテイキングゲーム。各プレイヤーが最初に伏せて出したカードによって、取るべきか取らないようにするべきかが変わる。

各プレイヤーは、最初に配られた手札から1枚ずつ伏せて出し、シャッフルしておく。2~3トリック目から1枚ずつオープンになり、合計が一定値を超えればトリックを多く取った人が、それよりも少なければ少なく取った人が勝つ。

各自手札の強弱によって伏せて出すカードが変わり、総意は後半までわからないが、わかる前に取るか取らないかを判断しなくてはならない。1トリック目からお互いに探り合いながらカードを出していく展開は独特のプレイ感がある。手札が残り4枚になったところで一番ビハインドしているプレイヤーが切り札を変更できるため、逆転もありえる。

日本語版では山札の公開と切り札の変更がわかりやすくなるバスチケット型チップと、バリアントとして最弱で切り札変更できる「怪盗カード」がついてくる。

数寄ゲームズ:乗り間違い

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。