アナログゲーム展示即売会「広島たちまちゲームマルシェ」、7月23日開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県立広島産業会館・西展示館(広島電鉄・南区役所前徒歩1分)にて7月23日、アナログゲーム展示即売会「広島たちまちゲームマルシェ」が開催される。11:00~16:00、入場料500円(Livepocketにて販売中)。

ボードゲーム、LARP、TRPG、マーダーミステリー、謎解きなどアナログゲーム全般で試遊もできる展示即売会。広島のアナログゲームバー「くろうさぎ」が発起人となって45団体が出展し、イベント名の「たちまち」は広島弁で「まずはこれでしょ!」という掛け声で、みんなで遊ぶとき盛り上がるきっかけになることを目指す。

ボードゲームで出展するのはceleb products、INTELLIGENT MONKEY、とどのつまり、MATCH Leather Works、パタタイカ、HLKT工房、常盤倶楽部、スマートエイプゲームス、サザンクロスゲームズ、Lotus boardgames、なつき屋ゲームス、くらげシステム、TUKAPON、Proto Craft、たなごころ、メロボド、ちーちゃんち、トイドロップ、ようがくじ「不二の会」、ささみ企画、ぼくらのGAME制作委員会、#あそぼっ、広島ものづくりジム、L.A.G.Craft、ごみ国際、DeltaGames:デルタゲームズ、ブッコの27団体。地元広島だけでなく全国から集まった。

会場ステージではゲームの紹介タイムやインタビュー企画も実施予定となっているほか、広島電鉄とのコラボでアナログゲームのアイデアを出し合う「アナログ電車」コーナーが登場する。

広島たちまちゲームマルシェ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。