人気SFをボードゲーム化『デューン 砂の惑星:インペリウム』日本語版、4月21日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは4月21日、『デューン 砂の惑星:インペリウム(Dune: Imperium)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:P.デネン、イラスト:C.ブルックス&R.ラモス&N.ストーム、1~4人用、13歳以上、60~120分、7480円(税込)。

「世界で最も売れたSF小説」と評され、昨年秋には2度目の映画化もされた『デューン 砂の惑星』をもとにして、『クランク!』のデネンがデザインし、2020年にダイアウルフ社(アメリカ)から発売された作品。国際ゲーマーズ賞ノミネート、ゴールデンギーク賞カードゲーム部門受賞(中量ゲーム、テーマチック部門ノミネート)、フランス年間ゲーム大賞エキスパート部門受賞など高い評価を得ている。砂の惑星デューンでの権力闘争をテーマに、デッキビルドとワーカープレイスメントを融合した。

各プレイヤーは砂の惑星を手中に収めるべく、自身の影響力を高めていく。影響力は主要4派閥(エンペラー、スペーシング・ギルド、ベネ・ゲッセリット、フレーメン)と同盟を結んだり、軍事力を強化してライバルを紛争で圧倒したりするなど、さまざまな方法で増やすことができる。ワーカーをさまざまな場所に派遣することで、紛争を有利に進めるため自軍を増強して、「メランジ」という極めて貴重な香辛料を獲得できる。

派遣する場所はカードで決まるため、戦略的なデッキ構築が勝敗を分ける。各ラウンドの開始時にデッキから引いたカードを手札にし、順番に1枚ずつプレイしてワーカーを派遣する。ワーカーがなくなったら残りの手札を公開して、カード獲得や戦闘を行う。

ソロゲームにも対応。小説や映画で触れた方には、おなじみのキャラクターや兵器が登場しより一層楽しめる。

内容物:アラキス・ボード 1枚、代行者コマ 13体、影響力キューブ 64個、ディスク 8枚、資源トークン 62個、大型カード 162枚(カードサイズ:63×88mm)、小型カード 58枚(カードサイズ:44×67mm)、指揮官ボード 8枚、抜き打ちトークン 25個、ルール説明書 3種類、プロモカード<アラキスのジェシカ> 1枚

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。