ポルトガルの鬼ごっこゲーム『カレトス』日本語版、3月18日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サニーバードは3月18日、『カレトス(Caretos)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ペレイラ、イラスト・M.ピアナ、アートワーク・長谷川登鯉、2~4人用、8歳以上、45分、5280円(税込)。

メボゲームズ(ポルトガル)から2020年に発売された作品。サニーバードでは『ポルト』(2019年)に続く日本語版の制作となり、長谷川登鯉氏によるパッケージのリデザインを行った。北ポルトガルの荒野を徘徊するモンスター「カレト」を操って、より多くの人間を捕まえる鬼ごっこゲーム。

ボード上には7つの村に村人(ミープル)が5人ずつ集まっている。各プレイヤーはそれぞれ能力の異なる8匹のモンスターから2匹を操る。

手番にはカードをプレイして、そのアイコンによってモンスターの能力を発動。村人を驚かせて周囲に分散させた上で、ひとりになったところを捕まえる。ゲーム終了時、捕まえた村人に加えて、ボーナスカードによるセットコレクションの得点を加えて勝敗を決める。

村人を驚かせるともらえる焚き火マーカーによる追加アクション、分散した村人を再び集めるカード効果、プレイヤーたちのモンスターを捕まえて鍋に入れてしまう上位モンスターもおり、比較的短いプレイ時間ながら、しっかりとした考えどころも用意されている。アートワークも可愛く、かつスタイリッシュで、ファミリーからゲーマーまで楽しめる作品だ。

サニーバード:カレトス日本語版

(写真はポルトガル語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。