徐々に明らかになるテックツリー『ビヨンド・ザ・サン』日本語版、4月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは4月上旬、『ビヨンド・ザ・サン』日本語版を発売する。ゲームデザイン:D.K.チャン、イラスト:F.フォーヴィンケル、2~4人用、14歳以上、60~120分、11000円(税込)。

リオグランデゲームズ(アメリカ)から2020年に発売に発売された宇宙開拓ゲーム。23世紀、絶滅の危機に瀕した人類が各勢力に分かれて太陽系を離れて新たな星系への移住を競う。

手番に、共通の技術ボード上で可能なアクションを実行し、リソース(人口と鉱石)を生産する。アクションスペースは技術(テック)ツリーになっており、条件を満たすとアクションの選択肢が増える。経済を発展させ、宇宙船を移動し、星系に植民し、さらに新たな技術を研究する。一定数の実績が満たされるとゲーム終了に向かい、実績や入植した星系などで得られるポイントを競う。

技術ツリーはレベル1~4まであり、レベル1を達成するとラインでつながったレベル2、レベル2を達成するとレベル3にいけるようになっている。スタート時はレベル1しか明らかになっておらず、研究によってゲーム途中でオープンになる。各レベルのカードはランダムで、技術ツリーの構成はゲームごとに異なる。

プレイヤー間で共通の技術ツリーを発展・使用する文明発展と、さまざまなアクションを駆使して行うリソースマネジメントに加え、さらにゲーム終了条件とも得点ともなる実績カードがゲームごとに異なる展開を生み出す。人類の生存競争に勝ち抜き、新たな時代を支配する側になれるだろうか?

内容物:技術ツリーゲームボード 1枚、宇宙探査ボード(両面)1枚、技術カード 46枚、イベントカード 20枚、星系カード 24枚、実績カード 10枚、アクション置き換えタイル(2-3人用)2枚、技術カード置場バー(上級選択ルール用)2枚、開始プレイヤーマーカー 1つ、ギルドカバータイル 4枚、鉱石クリスタル 60個、勢力マット(二層、各勢力2種類)8枚、6面リソースキューブ 80個、木製マーカーディスク 96枚、早見表 4枚、アクションポーン 4個、ルールブックと準備シート

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。