ウィキッド・ラビリンス(Wicked Labyrinth)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールペイの緊張感

「魂の欠片」を集めて神託カードを達成するオークションゲーム。タクティカルゲームズがゲームマーケット2021秋に発表した新作で、プッシュ・ユア・ラック&セットコレクションゲーム『ウィキッド・フォレスト』に続いて劇団イヌカレー氏を起用した。オークションに使う「探索駒」の造形と相まって、独特な雰囲気を醸し出している。

中央に4~6枚の回廊カードが並べられ、このラウンドで手に入る「魂の欠片」の色がわかる。1枚ずつオークションを行い、各オークションで2位までが指定された「魂の欠片」を獲得できる。

オークションの形式は「封印入札&オールペイ」、つまり落札できなくても支払わなければいけない握り競りである。4~6回のオークションの配分を考え、他のプレイヤーがほしい色を読みつつ、競合しそうなときはたくさん握り、ほしくないときは全く握らないといったメリハリをつけ、ときには裏をかいて握る数を増減しよう。

獲得する数を増やす「魂の気配駒」と、逆に権利を得た人に失点を与える「魔女の気配駒」がオークションに変化を与える。握った人ではなく、競り落とした人が利害を被るところがポイントで、自分が取りたかったものを取られたり、押し付けたかったものを押し付けられたりもする。

こうして獲得した「魂の欠片」はプレイヤーボードに並べられ、同じ色を2個集めると1つ上の位に上げることができる。こうして指定された魂の位・色を揃えると神託カードの達成となり、魂の欠片をさらに上げたり、得点化したりできる。4ラウンドで「魂の欠片」や達成した神託カードの得点を合計して勝敗を決める。

オールペイオークションでは事故(たくさん握ったのに1個差で負けて何も得られず、その後のオークションにも参加できない)が起こりがちだが、先行するプレイヤーには「魔女の気配」を押し付けることでバランスが取られ、いい勝負になるようだ。特に最終ラウンドは是が非でも取りたいオークションがはっきりしているため、「魔女の気配」を食らっても取りに行くか、裏をかいて場をかき乱すかとの選択がエキサイティングである。

ウィキッド・ラビリンス
ゲームデザイン:アダチジュン/イラスト&アートワーク:劇団イヌカレー・泥犬
タクティカルゲームズ(2021年)
3~5人用/14歳以上/30~40分

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。