『ルービックバトル』『ルービックマッチ』日本語版、1月中旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メガハウスは1月中旬、カードゲーム『ルービックバトル(Rubik’s Battle)』(ゲームデザイン・?、2~6人用)と『ルービックマッチ(Rubik’s Match)』(ゲームデザイン・B.ギルバート、1~4人用)の日本語版を発売する。ともに7歳以上、5~15分、各1320円(税込)。

『ルービックバトル』は各自が自分の山札から一斉にカードをめくって、「自分のカードだけが持っている色」もしくは「自分のカードだけが持っていない色」をいち早く宣言するパターン認識ゲーム。正解すればみんなのカードを獲得し、自分の山札に入れる。誰かの山札がなくなった時、山札の一番多い人が勝利する。オリジナルは2017年にユニバーシティゲームズ(アメリカ)から発売された。

内容物:バトルカード 60枚、遊び方カード 4枚

メガハウス:ルービックバトル カードゲーム

『ルービックマッチ』はめくられたチャレンジ(お題)カードと同じパターンになるように手持ちの12枚からカードを選んで並べるリアルタイムパズルゲーム。真っ先にできあがった人がカードを獲得し、3枚集めたら勝利となる。チャレンジカードには3段階の難易度がある。オリジナルは2019年にユニバーシティゲームズ(アメリカ)から発売された。

内容物:チャレンジカード 32枚、キューブカード 48枚(12枚×4色)、遊び方カード 4枚

メガハウス:ルービックマッチ カードゲーム

メガハウスは昨年10月に『ルービックキャプチャー』日本語版をリリースしており、『ルービックケージ』『ルービックレースマスター』とあわせて5タイトルのルービックシリーズゲームが販売されている。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です