ダイソーで『セカンドベスト』など6タイトル発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大創出版は今月上旬より、100円ショップDAISOにて「DAISOデザイナーズボードゲーム」新作6タイトルを順次販売開始する。監修・Masao Fukase(雅ゲームス)、各110円(税込)。店頭によっては取扱いのない場合あり。

「DAISOデザイナーズボードゲーム」は、馴染みの少ないファミリー層や初めての方にも楽しめるボードゲームを目指し、2020年11月より販売開始。これまでに12タイトルがリリースされている(第1弾5タイトル第2弾7タイトル)。

ようこそクレーンへ』はクレーンゲームの疑似体験ができるゲーム。景品に狙いを定めて、腕を動かし、景品を獲得する。ゲームマーケット2019秋にSMART500 GAMESシリーズで頒布された。ゲームデザイン:高井九(ひとりじゃ、生きられない。)、3~4人用、6歳以上、15分。

セカンドベスト!』は相手が待ったをかけるとその手が打てなくなる変則四目並べ。ゲームマーケット2019春にサークル「Qlios」から発表され、先月は総木製の豪華版がジェリージェリーゲームズから一般発売されている。ゲームデザイン・ダイキチ(ボードゲーム帝国)、2人用、6歳以上、5~15分。

じゃんけんゴリラ』はたくさんのバナナを集めるオリジナルじゃんけんカードゲーム。ゲームマーケット2017秋に発表された。「グー」「チョキ」「パー」のほかに、一番強い「ゴリラ」があるが、カードは使い切り。ここぞというタイミングで出そう。ゲームデザイン・あかさたな(サークル713)、2~8人用、6歳以上、10分。

ねこチーズをうばえ』は4種のねこカードから1枚選んで一斉に出し、ほかの人とかぶらなければチーズカードを獲得するカードゲーム。ゲームマーケット2018秋に発表された。誰も狙わなかったところはチーズが増える。軽快なかけひきを楽しめる。ゲームデザイン・ヲシダ(をしだや)、3~5人用、6歳以上、10分。

生物学カードゲーム CELL ジェネリック 免疫学vs微生物学』と『生物学カードゲーム CELL ジェネリック 遺伝子工学vs生態学』は生物学用語の擬人化キャラで戦う対戦カードゲーム。2018年から販売され、拡張パックも出ているTCG「生物学擬人化カードゲームCELL」を再編し4人までプレイできるようにしたもので、ゲームマーケット2020秋に出展されている。ゲームデザイン・株式会社Manabell Games、1~4人用、12歳以上、10分。

2020年の第1弾・第2弾以上にバラエティに富んだラインナップで、これまで以上に多くの方に手に取ってもらえそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。