フランス年間ゲーム大賞2022ノミネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンヌ国際ゲーム祭実行委員会は26日、アスドール・フランス年間ゲーム大賞(As d’Or – Jeu de l’Année)のノミネート12タイトルを発表した。一般、キッズ、中級、エキスパートの4部門について、この中から2月24日、カンヌ国際ゲーム祭会場にて大賞が発表される。

1988年に始まり、ジャーナリストやレビュアーからなる審査員によって選考されるゲーム賞。昨年は『ミクロマクロ・クライムシティ』、一昨年は『オリフラム』と、ライトな作品が選ばれる傾向にある。キッズゲーム部門は2006年から、エクスパート部門は2009年から始まり、昨年はそれぞれ『ドラゴミノ』『ザ・クルー』が選ばれている。今年から、ゲームに慣れてきた人向けの中級ゲーム部門(initié)が新設され、これに伴ってエキスパート部門は重量級にシフトしている。

日本からは、アスドール部門に『ハピエストタウン』(さとーふぁみりあ)、エキスパート部門に『江戸職人物語』(Imagine Games)がノミネートされている。日本人作品がノミネートされるのは『シャドウハンターズ』(2010)『ラブレター』(2014)『七英雄物語』『街コロ』(2015)『ピクテル』(2017)『リトルタウンビルダーズ』(2020)以来2年ぶり7、8タイトル目。

【フランス年間ゲーム大賞2022ノミネート】
アスドール部門

・世界の七不思議:建築家たち(7 Wonders: Architects)
ゲームデザイン:A.ボザ、イラスト:E.エバンジェ
版元:ルポ・プロドゥクシオン、販売:アスモデ

・カルタベンチュラ・ラサ(Cartaventura: Lhassa)
ゲームデザイン:T.デュポン、シナリオ:A.ラダニュ、イラスト:G.ベルノン&J.ランダール
製作:ブラム!、販売:ブラックロック・ゲームズ

・ハピエストタウン(Happy City)
ゲームデザイン:佐藤敏樹&佐藤愛瑠、イラスト:たかみまこと
製作:カクテルゲームズ、販売・アスモデ

キッズゲーム部門
・モンスターキャッチャー(Attrape Monstres)
ゲームデザイン:J.ドゥウィット、イラスト:C.ケンデル
製作:スペースカウ、販売:アスモデ

・バブルストーリーズ(Bubble Stories)
ゲームデザイン:M.ダンスタン、イラスト:S.ドゥシー
製作:ブルーオレンジ、販売:トリビュオ

・ピンポン(Pin Pon!)
ゲームデザイン:J.ブレジュ、イラスト:L.ウンタ
製作販売:ドゥジェコ

中級ゲーム部門
・リビングフォレスト(Living Forest)
ゲームデザイン:A.クリスチャンセン、イラスト:A.エチエンヌ
製作:ルドノート、販売:ブラックロック・ゲームズ

・新しい国(Nouvelles ContRées)

ゲームデザイン:G.ウィンゼンシュターク、イラスト:J.ランダール
製作:オリブリウス、販売:ノヴァリス

・オルトレ(Oltréé)
ゲームデザイン・A.ボザ&J.グリュンプ、イラスト:V.デュトレ
製作:スタジオH、販売:ギガミック

エキスパートゲーム部門
・デューン・インペリウム(Dune: Imperium)
ゲームデザイン:P.デネン、イラスト:C.ブルックス&R.ラモス&N.ストーム
製作:ラッキーダックゲームズ、販売:ネオルディス

・江戸職人物語(Iki)
ゲームデザイン・山田空太、イラスト・D.シボン
製作:ソーリーウィーアーフレンチ、販売:ギガミック

・アルナックの失われし遺跡(Les Ruines Perdues de Narak)
ゲームデザイン:ミン&エルウェン、イラスト:J.クースほか
製作販売:イエロ

Festival International des Jeux: Les nominés 2022

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。