ガラパゴス島で新種発見『種の起源ボードゲーム』日本語版、1月20日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは1月20日、『種の起源ボードゲーム(On the Origin of Species)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・G.アセンシ&F.レナリアス、イラスト・A.サレス、2~4人用、9才以上、45~80分、5280円(税込)。

『種の起源』を著したダーウィンの助手としてガラパゴス諸島で数多くの生物種を調査し、新種を発見して成果を競うボードゲーム。オリジナルはモント・ターベル(スペイン)から2019年に発売された。今回の日本語版は第2版に基づく。

手番には、調査か発見のどちらかを行う。調査では2つの観察キューブをボード上の新種タイルに置き、空、陸、水の生息地の知識を得る。発見では得られた生息地の知識を使って新種タイルをボード上に置き、勝利点やカードを得る。ビーグル号が旅の最後のマスに到達し、ガラパゴス諸島を離れるとゲーム終了で、最終ゴールカードに応じて進化ポイントを得点し、合計点で勝敗を競う。

ゲームで登場する多様な生物は実在するもので、知的好奇心を刺激する。ビーグル号の船員も実際に乗艦した人々を基にしているので、歴史も感じられる。ビーグル号コマ、カメ型の得点マーカーなどコンポーネントも見どころだ。

内容物:ゲーム盤 1枚、ルール説明書 1冊、ビーグル号コマ(木製の船)1隻、得点マーカー(カメ型)4個、目標マーカー(碇型)3個、観察キューブ 32個、既知種タイル 3枚、新種タイル 27枚、ビーグル号カード 18枚、棲息域カード 33枚、ダーウィンの日誌カード 32枚(カードサイズ:44×67mm)

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です