『マウンテンキング:呪われた山』『チャンピオンミニ拡張』日本語版、12月23日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リゴレは12月23日、『マウンテンキング:呪われた山(In the Hall of the Mountain King: Cursed Mountain)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.コルミエ&G.ジャンス、イラスト・K.モリヤ&J.カッペル、1~5人用、12歳以上、90分、2200円(税込)。プレイするためには『マウンテンキング』基本セットが必要で、品切れとなっていた基本セットも第2版として同時発売される。

トロールたちが山中のトンネルを掘り進めるタイル配置ゲーム『マウンテンキング』を1人や協力モードも遊べる拡張セット。オリジナルは2019年に発売された。ノームを放逐した原因と考えられている山の呪いを鎮めるため、彫像を正しい位置に祀ることを目指す。

ゲーム開始時に「この位置に彫像を配置せよ」という指示が出され、彫像を掘り出しそこまで運んでいく。しかし毎ラウンド毎に呪いカードがめくられ、ネガティブな効果が襲いかかる。さらに呪いがある程度たまると敗北してしまうため、呪いを打ち砕かなければならない。

さらに呪いだけではなく地震が発生し、今までつくったトンネルが破壊されていく。刻一刻と状況が悪化していく中で、目的達成を急ぐが、呪いを打ち砕くかの選択に迫られる。保管庫は全員共有であるため、効果的な役割分担が成功の鍵となる。

繰り返し遊んで最終的なスコアを決めるキャンペーンシートも付属する。

これと共に、強力な固有能力をもつチャンピオンを選んでゲームを始める『チャンピオンミニ拡張(In the Hall of the Mountain King: Champions Mini-Expansion)』も日本語版で発売される。550円(税込)。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です