今度は肉の成分で勝負『ミートマスター』12月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンソウは12月上旬、『ミートマスター』を発売する。ゲームデザイン・ミヤザキユウ、アートワーク・TANSAN、1~4人用、8才以上、15分、2420円(税込)。

4月に同社から発売された野菜の成分バトルゲーム『サラダマスター』の続編。ゲームマーケット2021秋で先行販売され、たくさんのお肉好きが買い求めた。もっともお題に合うと思われる成分をもった肉カードを手札から出して勝負する。

豚バラ、ししゃも、牛タンといったカードの裏にはカロリー、タンパク質、脂質、コレステロールのデータがあるが、自分の手札のデータは見ることができない。「コレステロールが多いもの」「タンパク質の差が小さい2枚」といったお題に合わせて、各自が手札を選び、お題に最も合っていたカードを出した人がお題カードをゲット。3枚先取で勝利となる。

普段の食生活からの直感だけでなく、他の人の手札の成分から推理をすることもできる。他の人の手札にコメントして惑わせるのもアリ。どのカードが強いかはお題ごとに変わるので、 思わぬ肉で勝てたりするかもしれない。

カードは全部で60種類。牛・豚・鶏などから、 意外な栄養をもつジビエ、 魚介類など広い意味での「肉」が入っており、眺めるだけでもお腹が空いてくるだろう。成分のデータは日本食品標準成分表2020年版(八訂)に基づき、100gあたりの数値が記載されている。

バンソウストア:ミートマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。