日本語版ボードゲーム発売、3年連続で年間200タイトル超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年1年に発売された海外ボードゲームの日本語版は230タイトルであることが当サイトの調べで分かった。一昨年の222タイトル、昨年の231タイトルと3年連続の200タイトル超えとなった。

今年はファミリー向け、エキスパート向けだけでなくキッズ向けまで幅広く日本語版が発売された。ホビージャパン、アークライト、テンデイズゲームズなど大手だけではなく、ボードゲームカフェ系の輸入代理店が新旧問わずコンスタントに取り扱ったことで、バラエティに富む作品群が次々と日本に紹介されている。

発売ペースは毎週5タイトルほどになり、これ以上に国産のボードゲームも加わるため、話題にならないまま忘れ去られていくものが増えたばかりでなく、話題になってもせいぜい1~2ヶ月というものも多くなっている。今月発表された日本版The One Hundred上位作品も、思い入れが強いというだけで投票され、実際はしばらく遊んでいない作品が多いのではないだろうか。限られた時間の中で、旧作も含めてどの作品をピックアップするかは、ますます難しくなっている。

新作の中でどれを遊ぶべきかについては、移り変わりの激しい話題の作品を追いかけるばかりでなく、自分や仲間の好み(ユーロ、パーティ、重量級、パズル、トリックテイキング、リアルタイム、2人用……)にマッチした作品を新旧バランス良く選びたいところだ。

2007年以前の主な日本語版リリース
1996:カタンの開拓者たち(トライソフト)
1997:スコットランドヤード(ツクダ)
2002:カタン(カプコン)、ロードオブザリング(カプコン)、ブロックス(ビバリー)
2003:アップルトゥアップル(ビバリー)
2004:キュージェット(メビウス)、バトルライン(クロノノーツ)、サンファン(メビウス)
2006:ニムト(メビウス)、チケットトゥライド(バンダイ)
2007:ごきぶりポーカー(メビウス)、あやつり人形(アークライト)、エレメンツ(B2F Games)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。